● お役立ち情報
事業所内の組織やしくみが変わった時に迅速に対応できる体制になっていますか?  いざという時にすぐ使えるBCPにしておくには、日頃からの教育・訓練もさることながら計画書そのもののデータを最新の情報にしておかなくてはなりません。  もしデータが更新されていなければ、仮に安否を確認したい従業員の連絡先が変... 続きを読む >
従業員に対してBCPの内容や運用体制について定期的に教育・訓練していますか?  前回まででひと通りの事業継続計画が出来上がりました。ここまで作っておけば、仮に何らかの原因で事業が中断したとしても、あらかじめ作っておいた計画に沿って行動すれば事業の復旧は可能です。ところが一方で、計画を作って安心してし... 続きを読む >
災害が起きたらどのように行動するかあらかじめ決めていますか?  突然、地震や火事などが起こったら皆さんならどうしますか?まずは安全な場所へ避難するでしょう。そして、けがをしている人がいれば手当をしたり、火の手が上がったら消防署へ消火要請する、また、行方がわからない人がいたなら安否確認もしなければなり... 続きを読む >
● 私たちのビジョン
SBCM基本理念
企業の永続的発展のために
真に役立つ事業継続マネジメントを
311震災以前から自主的な活動を続けてきた静岡BCP研鑽会から、2012年夏「静岡事業継続マネジメント協同組合」が生まれました。事業活動が中断してしまう結果事象(施設の使用不能、事業中心人物の離脱、稼働人員の縮小など)に備えて、企業が事業継続するためには、実行可能な事業継続計画(BCP:Business continuity plan)の策定が必要です。

あらゆる事業中断リスクに対して、企業の事業継続を自ら実行できるように多くの専門家が集まり、経営に関する全方位的な支援活動を展開していきます。

SBCM基本理念 >

電話でお気軽にお問合せください。
054-255-2055