お役立ち情報
ホームお役立ち情報 ≫ 「BCP20のチェック」(その20)
お役立ち情報
「BCP20のチェック」(その20)
代表理事 木村俊彦

事業所内の組織やしくみが変わった時に
迅速に対応できる体制になっていますか?

 いざという時にすぐ使えるBCPにしておくには、日頃からの教育・訓練もさることながら計画書そのもののデータを最新の情報にしておかなくてはなりません。

 もしデータが更新されていなければ、仮に安否を確認したい従業員の連絡先が変わっていた場合、確認できません。あるいは緊急に連絡をとりたい取引先の電話番号が変更されているなどで連絡がとれないことも十分考えられます。

 また、電話が不通になることも考えられますので、並行してメールアドレスやSNSによる連絡など複数の連絡手段があれば控えておくことも有効です。

 要はいざという時に使えるBCPにしておくことが肝心なのです。

 そのためには変更がある都度データを更新する場合と大きな変更があった際に一括して更新する場合を分けることも必要です。あるいは更新が煩雑であれば、定期的に時期を設定して更新するようにしてもよいでしょう。以下にデータの更新について事例を挙げましたのでご覧ください。

 以上、20回にわたってBCPを策定する際のチェックポイントを説明してきました。皆さんの事業所ではいかがでしょうか?これからBCPを策定する事業所では現時点でチェック項目の「はい」が少なくても気にすることはありません。チェックした結果、「いいえ」の項目があるようならその項目を重点的に取り組むようにすれば、すばらしいBCP(事業継続計画)が出来上がるでしょう。

 さらに重要なのは策定したBCPをもとに繰り返し教育・訓練することで、より効果的なBCPになるものと思います。

 皆さんもぜひこの「BCP20のチェック」に取り組んで、いざという時に使えるBCPを作ってみてください。

スクリーンショット 2017-03-07 17.43.25.png

電話でお気軽にお問合せください。
054-255-2055